ワードプレスで出来ることまとめ

情報を追記している場合はありますが、古い情報を訂正はしていませんので、公開年月日を参照してください。プラグイン・タグ、いずれもワードプレス・PHPのバージョン等によって動作しない場合もあります。

「このプラグインを使ってこれができます」ということに限らず、ワードプレスで出来ることをまとめていきたいと思います。

ワードプレスサイトの新着情報や特定の投稿を外部に表示

ワードプレスと別のディレクトリでワードプレスをロードして表示、あるいは別のドメインでREST APIを利用して表示。

メールフォームの表示・非表示

チェックボックスで表示・非表示の切り替え / 送信数が一定の数字に達したら非表示 / 日時が埋まったら非表示 など

イベントカレンダーなど

シンプルなものはプラグイン無しでも作成できます。

添付ファイルアーカイブ

投稿に添付した画像やPDFなどのファイルのみの一覧を作成することができます。

自由なコンテンツ

クラシックエディターならAdvanced Custom Fields Pro の柔軟フィールド、ブロックエディターならACf Blocks を使用して、予め設定したコンテンツを好きな順番で入れられます。

検索・絞り込み

特定のカスタム投稿タイプ内の検索・絞り込みはフォーム側に投稿タイプの指定が入っていれば、カスタム投稿タイプのアーカイブ用テーマが使用されるので、検索結果用のテーマファイルを用意する必要はありません。*検索条件が複雑な場合は作ったほうが良い場合もあります。

メールフォーム

・投稿タイトルや商品名などをメールフォームに反映させる
・迷惑メールを防止する
・送信後に投稿のカスタムフィールド値などをアップデートする
Advanced Custom Fields とMW Form連携
*MW Form は開発終了となったため、今後はContact Form 7 が推奨となります。

会員制サイト

ログイン時・非ログイン時の区別はプラグイン無しでもできますが、「誰でもユーザー登録できる」にする場合やカテゴリーや投稿タイプでアクセス制限を付ける場合はプラグインを使用したほうが便利でしょう。
プラグインは登録・ログイン周りのみ、登録・ログイン周りとアクセス制限、アクセス制限、権限の追加とカスタマイズ、などがあります。
Advanced Custom Fields でユーザー情報を追加することもできますが、連動できるプラグイン・できないプラグインがあります。

ショッピングサイト

ワードプレスのカートプラグインはWooCommerce がメジャーですが、日本製のカートプラグインもいくつかあります。

多言語サイト

多言語サイト作成のプラグインもいくつかありますし、グーグル翻訳をつけるプラグインもあります。
構成や管理・更新方法によってはマルチサイトにするという方法もあります。

お問い合わせはこちらから