acf 年月から1月分のフィールドを自動で作成する関数

情報を追記している場合はありますが、古い情報を訂正はしていませんので、公開年月日を参照してください。プラグイン・タグ、いずれもワードプレス・PHPのバージョン等によって動作しない場合もあります。

予約受付やイベントスケジュールを想定して、年月を指定して1月分のサブフィールドを作成する関数を書いてみた。
デフォルト値を設定する”acf/load_value”はhttps://web-taiyo.com/mfn/wordpress-plugin/200227.html参照。

	$y = date($year);
	$m = date($month);
	$d = 1; $week = ['日','月','火','水','木','金','土'];
				$value	= array();
while (checkdate($m, $d, $y)) { $date = date("w", mktime(0, 0, 0, $m, $d, $y));
				$value[] = array(
					'サブフィールドのキー' => $month.'月'.$d.'日('.$week[$date].')'
				);
			$d++; }

エラー防止とうっかり防止の為、年月の値があったら・publishが未チェックなら、の条件をつけておき、年月を入力して下書き保存すると、

指定した年月の日付が入る。公開時にpublishに自動でチェックを入れる。

*https://web-taiyo.com/mfn/wordpress-plugin/200227.html のようにデフォルト値を設定する場合はリピーターの最小数・最大数の設定が必要だが、こちらの例の場合は不要

その他のAdvanced Custom Fields に関する記事一覧

Advanced Custom Fields に関する記事一覧ページへ