ウィジェットの増やし方

情報を追記している場合はありますが、古い情報を訂正はしていませんので、
公開日時・更新日時を参照してください。2009.08.16公開 | 2015.04.05更新


まず、ウィジェットを使用出来るテーマにはfunctions.php と言うファイルがあるので、これをカスタマイズする。ない場合は作成する。
デフォルトのテーマを参照するとウィジェットの設定は

<?php
if ( function_exists('register_sidebar') )
    register_sidebar(array(
        'before_widget' => '<li id="%1$s" class="widget %2$s">',
        'after_widget' => '</li>',
        'before_title' => '<h2 class="widgettitle">',
        'after_title' => '</h2>',
    ));

?>

となっている。この場合はウィジェットは1つなので名前は付いていないが、複数作りたい場合は名前を付けて設定する。

<?php
if ( function_exists('register_sidebar') )
      register_sidebar(array('name'=>'left',
        'before_widget' => '<div id="%1$s" class="box %2$s">',
        'after_widget' => '</div>',
        'before_title' => '<h2>',
        'after_title' => '</h2>',
    ));
      register_sidebar(array('name'=>'right',
        'before_widget' => '<div id="%1$s" class="box %2$s">',
        'after_widget' => '</div>',
        'before_title' => '<h2>',
        'after_title' => '</h2>',
    ));

?>

そして、テーマファイルのウィジェットを使用したい場所に

<?php 	/* Widgetized sidebar */
		if ( !function_exists('dynamic_sidebar') || !dynamic_sidebar('left') ) : ?>
<?php endif; ?>

と書けば、サイドバーだけでなくヘッダーやフッターにもウィジェットを使用出来、ナビゲーションやフラッシュなどのプラグインをサイドバー以外の場所でも使用出来る。
*プラグインによっては表示サイズなど、プラグインファイルを直接編集する必要がある場合もある。


情報を追記している場合はありますが、古い情報を訂正はしていませんので、
公開日時・更新日時を参照してください。 2009.08.16公開 | 2015.04.05更新

Comments are closed.