get_template_part 引数

情報を追記している場合はありますが、古い情報を訂正はしていませんので、公開年月日を参照してください。プラグイン・タグ、いずれもワードプレス・PHPのバージョン等によって動作しない場合もあります。

複数箇所で同じ内容を表示するとき、get_template_part で同じテンプレートを読み込むが、ちょっとだけ内容を変えたいという場合もある。
別のファイルを作るのも効率が悪いので、引数で分岐してみる。

$args = [‘引数’ => ‘値’]; get_template_part(‘template-name’, null, $args); として、テンプレート側では if (isset($args[‘引数’])) で分岐する。
引数の値を利用することも出来る。