このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ作成の際には、デフォルトのpage.phpの他にテンプレートを作成すれば、それを選択することが出来ますが、普通の投稿の際にもテンプレートを選択できるようにするのが、Custom Post Template
プラグインを有効化すると投稿欄の下に↓のように表示されるようになります。

たとえば、カテゴリーID3のデザインを変えたい時はアーカイブ表示用に category-3.php を作成し、これに投稿テンプレート用の名前を付ければ(Custom Post Templates の readme.txt 参照)カテゴリー3全体のデザインを変えることができる、などの使い方も出来ます。
自動で振り分けることは出来ませんが、テンプレートを1つ追加するだけでデザインを変えられるので、とても便利なプラグインだと思います。
(コンディショナルタグを使って自動で振り分ける場合、複数のカテゴリーを選択している投稿はIDが若い数字のカテゴリーが適用されます。)

もちろん、投稿ごとに選択できるわけですから、使い方は色々と考えられると思います。
複数の投稿者で構成しているサイトなら、それぞれが専用のテンプレートを作る、とか…天気次第、気分次第ってのもありですね。

注:このプラグインはPHP5でないと有効化できません。
*Compatible up to: 2.9.2

2010.6.4追記
Single Post Template:http://wordpress.org/extend/plugins/single-post-template/
上記と同様、ページテンプレートを作るのと同じ方法で個別ページのテンプレートを選択できるようにするプラグイン。

2009.02.04 投稿 2015.04.05 更新

新しい情報を追記している場合はありますが、古い情報の修正はしていません。投稿日・文中の日付を参照してください。

Recent Articles