このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿欄に任意のカスタムフィールドを付けるプラグイン
Custom Field GUI Utility:http://www.tinybeans.net/blog/download/wp-plugin/cfg-utility-100.html

2010.2.9追記
Magic Fields:http://wordpress.org/extend/plugins/magic-fields/
ビジュアルエディターを使える、画像をアップロードできる、画像をアップロードするフィールドごとに画像の大きさを指定して縮小表示できる、複数のフィールドグループを分類できる、管理画面でフィールドを作成できる、カテゴリーやページと関連付けることが出来る、等、これはかなり便利です。
縮小画像から元画像にリンクしたい場合は

<a href="<?php echo get('image1')?>" title=""><?php echo get_image('image1')?></a>

2010.9.7追記
Magic Fields version1.4.5 は WP3.0.1 では画像の挿入画面で画像のリンク覧が表示されなくなるという不具合がある。一旦画像を挿入してから画像の編集画面を開くと表示されるが…
files_mf へのアップロードが上手くいかない場合はアップロード先をメディアライブラリに設定すればOK。
2010.10.13追記
version1.5Beta では上記の不具合は解消されています。
2011.1.7追記
現バージョン1.5.2 WP3.0.4 でのテスト、画像のアップロードも快適。サイズを100,100 と縦横設定しておけば正方形になるので、サムネイルなど全てこれで設定しておけば投稿も楽です。
*Magic Fields で作成した投稿欄へのアクセス権はUser Role Editor で。

2012.1.28追記
サイト制作の際に最も頻繁に使うのはMagic Fields。ヘッダーやサイドバーの表示設定用にも使えるし、とにかく便利。カスタム投稿に対応したMagic Fields2 も出ました。
投稿欄の右側にちょこっと付けたいとき(例えばタイトルでソートしたいときのタイトル入力欄とか、投稿ごとにキーワードを設定するための欄とか)はMore Fields。More Fields はカスタム投稿対応。

2012.3.17追記
Custom Field Suite:http://wordpress.org/extend/plugins/custom-field-suite/
カスタム投稿対応のカスタムフィールドプラグイン。フィールドグループを作成する際に、表示させたい投稿タイプを設定するので、複数の投稿タイプに表示させたい場合には便利。
date picker で時間も設定できるので、イベント関連に使うのに便利そう。*時間の表示がいらない場合は、custom-field-suite/core/fields/date/date.php の $(this).addClass(‘ready’).datetimepicker({ ~の部分を $(this).addClass(‘ready’).datepicker({ dateFormat: ‘yy-mm-dd’ }); に変更
2012.10.6追記
上記Custom Field Suite、特定のカテゴリーや特定のターム、特定のページなどに表示させることも可*カテゴリーなどの場合は一旦保存しないと出てこないが…
フィールドグループのリピートも可。
Magic Fields は1が投稿とページ、2が投稿タイプ別で併用は出来ないので、投稿タイプとカテゴリーで細かい設定が必要な場合はこちらが良いかも。
*Advanced Custom Fields もよさそうだが未テスト。

2013.3.11追記
現在、仕事で最もよく使うのはAdvanced Custom Fields、使い勝手・機能、よく出来ている。ただ、一部の機能は有料なので、無料という事なら、やはりMagic Fields。Magic Fields 2 では特定のページやタクソノミーに設定する機能がないので、特定のページに表示させたい場合は設定用の投稿タイプを作成して、そこから読み込ませている。

2009.09.14 投稿 2015.04.05 更新

新しい情報を追記している場合はありますが、古い情報の修正はしていません。投稿日・文中の日付を参照してください。

Recent Articles