このエントリーをはてなブックマークに追加

プラグインファイルの

    $inside = <<< EOF
        <textarea class="data {$validation}" id="{$name}" name="{$name}" type="textfield" rows="{$rows}" cols="{$cols}">{$value}</textarea>

    $inside = <<< EOF
        <textarea class="data theEditor {$validation}" id="{$name}" name="{$name}" type="textfield" rows="{$rows}" cols="{$cols}">{$value}</textarea>

に。
functions.phpに

function admin_add_wysiwyg_custom_field_textarea()
{ ?>
<script type="text/javascript">/* <![CDATA[ */
	jQuery(function($){
		var i=1;
		$('#cfg_textarea').each(function(e)
		{
		  var id = $(this).attr('id');
		  if (!id)
		  {
		   id = 'customEditor-' + i++;
		   $(this).attr('id',id);
		  }
		  tinyMCE.execCommand('mceAddControl', false, id);
		});
	});
/* ]]> */</script>
<?php }
add_action( 'admin_print_footer_scripts', 'admin_add_wysiwyg_custom_field_textarea', 99 );

設定ファイルが
[textarea]
fieldname = 複数行テキスト
の場合 id=”cfg_textarea” となるので、そのid を#cfg_textarea と指定する。複数の場合は(‘#cfg_textarea,#cfg_textarea2’)のように。html の切り替えが欲しい場合はTinyMCE Advanced を入れてHTMLボタンを表示させましょう。

2012.12.27 投稿 2015.04.05 更新

新しい情報を追記している場合はありますが、古い情報の修正はしていません。投稿日・文中の日付を参照してください。

Recent Articles