このエントリーをはてなブックマークに追加

会員制サイトの制作やアクセス制限したい場合に必要、または、あればいいんじゃないかなというプラグインを羅列したいと思います。
*こちらも参照いただければと思いますが…

カテゴリーや投稿・ページを非公開設定することでログインユーザーのみに公開するという方法はタイトルの前に「非公開」と付くのが嫌ということもあるでしょうから、User Access Manager などを使うのがより良いかと。
ユーザーかそうでないかというだけの区別ならUser Access Manager ユーザーグループを購読者(又は投稿者等必要な権限で)として設定すれば、購読者ユーザーは全てこのグループに含まれるので、ユーザーのみに公開するカテゴリー/ページ・投稿にチェックを入れればOK。
ユーザー毎・ユーザーグループ毎にアクセス権を設定する場合は、User Role Editor を併用し、ユーザー(又はユーザーグループ)=User Access Manager ユーザーグループ=権限、としてしまえばユーザー毎にUser Access Manager ユーザーグループを設定する手間が省けて管理も楽かと。

ユーザー登録・ログインをサイトのページ内に表示するには Theme My Login など。
登録時の入力項目を追加・登録時にメール認証を追加したい場合はCimy User Extra Fields など。
Cimy User Extra Fields のメール認証とTheme My Login を併用したい場合は、Cimy User Extra Fields のShow password・Show confirmation password にチェックを入れ、Theme My Login のtemplates/register-form.phpからA password will be e-mailed to you.を削除…これで、登録・メール認証・ユーザーIDとパスワードが送信される、という順番になる。

投稿欄をサイドバーやページに表示したい場合はQuick Post WIdget がお薦め。特に設定しなければログアウト時には表示されず、ビジュアルエディターも使える。ビジュアルエディターで画像のアップロードも出来(アップロード後にリサイズも出来るし、プラグインファイルを編集すればアップロード時のリサイズ・容量制限も可)、画像はuploads/以下にユーザーごとに作成されたディレクトリにアップロードされるので複数ユーザーが投稿する場合、こちらのほうが良いという場合もあるかも。*画像を共有する設定も可。

1つの投稿内で、ログインユーザー向け情報と一般向け情報を書きたい場合は、MemberView で、ショートコードで分けることが出来る。

*Magic Fields で作成した投稿欄へのアクセス権はUser Role Editor で。

2011.01.11 投稿 2015.04.05 更新

新しい情報を追記している場合はありますが、古い情報の修正はしていません。投稿日・文中の日付を参照してください。

Recent Articles