このエントリーをはてなブックマークに追加

Advanced Custom Fields はユーザーページにもカスタムフィールドを設定することができるので、プロフィールの項目を追加したい時はこれを使うと便利。
*ユーザーレベルごとの設定も可。
Hide User Profile Fields で必要最低限以外の項目を隠して、必要な項目を追加すればスッキリ。

Advanced Custom Fields で追加した項目をテーマに表示するにはget_the_author_meta(‘フィールド名’); または、the_field(‘フィールド名’, ‘user_ユーザーID’);

<?php $aID = get_the_author_meta('ID'); the_field('フィールド名', 'user_' . $aID); ?>

繰り返しフィールドは

<?php $aID = get_the_author_meta('ID'); ?>
<?php if(get_field('フィールド名', 'user_' . $aID)): ?>
<?php while(the_repeater_field('フィールド名', 'user_' . $aID)): ?>
<p><?php the_sub_field('サブフィールド名', 'user_' . $aID); ?></p>
<?php endwhile; endif; ?>

*Pods – Custom Content Types and Fields でもプロフィールの項目を追加でき、このプラグインの場合は、WP User Frontend で編集ページをサイト側に表示した際に、追加した項目も表示される。

その他のAdvanced Custom Fields に関する記事一覧

2013.02.06 投稿 2015.04.05 更新

新しい情報を追記している場合はありますが、古い情報の修正はしていません。投稿日・文中の日付を参照してください。

Recent Articles